2003年08月26日

ちょこっと旅行記(16)

e283f5bf.JPG
料理 メコンデルタ・クルーズのランチは、メコン川名物象耳魚の丸揚げ。ライスペーパーに野菜と包んで、醤油をつけて食べました。美味しい! 

テレビ このレストランで、食事をしているとき、山口もえさん&テレビクルーを目撃。

アウト 帰りに、チョロン市場へ。何でもある大きな市場。日本人ってすぐわかるのか、ちょっと日本語が出来るおばさんにつきまとわれる。気弱で値切れないし、結局買い物はしないで、ケンタッキーで時間つぶし。

ちょこっと旅行記(15)

658e4114.JPG
サボテン 3日目は、お楽しみのメコンデルタ・クルーズ。船で大河を渡った後、島で果実園やキャラメル工場などを見学。10キロ以上ある大きい蛇を首に巻いて、写真を撮る。ひんやりとした感触。

船 その後、4人乗りの舟で、大地の色の豊饒なメコン川のクリークを下る。いっしょに乗ったおねーさんが、「(ディズニーランドの)ジャングル・クルーズみたい」と。本物なんですけど。(^_^;)

2003年08月25日

ちょこっと旅行記(14)

2b2ed428.JPG
料理 2日目の夜は、ツアーについていたディナー。店の人が写真を撮ってくれたり、いわゆる観光客に慣れたレストラン。どれもおいしかったし、品数も多い。食後のデザートの果物なんか、日本でお上品についてくる「一口」ではなく、お皿にてんこ盛り。食べきれないくらいだった。タッパーをもっていけば、と思ったりして。(^_^;)

ちょこっと旅行記(13)

6342efb4.JPG
ビル 郵便局などをみたあとは、シクロ(ベトナムの人力車)に乗ったり、ベトナム珈琲を飲んだり。 人力車のおじさんたちが、たいへんおもしろかった。言葉はまったく通じないんだけど、楽しかった。

自転車 告白。実は、私は自転車に乗れない天然記念物。車の免許はあるけど。それで、風を切って街を走るのは、初めての体験で、とっても気持ちよかった。

ちょこっと旅行記(12)

3e51b53f.JPG
メール 2日目午後は、サイゴン市内散策。写真のベトナムは、フランスの統治下にもあったので、サイゴンは、コロニアル風のすてきな建物(ホテルなど)も多い。ちなみに、ここは中央郵便局。

携帯 郵便局で、国際電話のかけ方をガイドさんに習い、日本へ電話もかけた。時差は2時間ほど。電話とか郵便とか、そういうものは、社会主義国なので?、国内向けは値段が安いのに、海外向けはとても高い。

怒り 写真の方は、いわずとしれたホーおじさんこと、ホ・チ・ミンさん。

ちょこっと旅行記(11)

2144a3b6.JPG
料理 2日目のランチは、パスタ通りのフォー専門店の、フォー・ボー。ものすごくおいしかった! 野菜が多いのが、南部風らしい。揚げパンが、だしを吸って、本当に最高。

ブタ ガイドさんは「飲み物は別料金」と言って、いなくなった。だが、フォーのあと、ホビロン、果物はじめいろいろなものが運ばれてくる。でも、また別のテーブルに持っていくので、「間違えたんじゃない」と話していた。私たちは、フォーだけを食べ、飲み物代を払って店を出た。ところが、あとで聞くと、テーブルにきたものは、みんな食べてよかったらしい。(T.T)

ちょこっと旅行記(10)

09ad543b.JPG
ひまわり クチトンネル見学の後、「農家訪問」。実は、クチトンネルのところに、ライスペーパーを作っているところがあって、やらせてくれた。写真は、ベトナムのお姉さん。ちゃぶパパは上手!
私は穴をあけてしまいました。
。・°°・(*>_<*)・°°・。

ちょこっと旅行記(9)

0fa39ab5.JPG
ハイビスカス 2日目は、午前中クチトンネル。ベトナム戦争の時、農民が地下で生活しながら、ゲリラ戦を展開していたクチ。拷問部屋とか、落とし穴の仕掛けとか、こわかった。

ドクロ どこでもたくさんいる日本人観光客だが、クチではみかけなかった。このツアーに参加したのは、私たちだけ。一番多いのは、フランス人で、次がアメリカ人だそう。おかげで、ツアーなのに、ガイド1人と運転手1人は専任。ちょっとリッチな感じ。笑い

ちょこっと旅行記(8)

f7c79071.JPG
料理 ホテルのバイキング形式のモーニングで出たフォー・ガー。ベトナムの鶏肉(ガー)入り米麺。フォーは、ベトナムのうどん、と紹介されていますが、麺は平たいし、米粉です。ちなみにフォー・ボーは、牛肉入り。あっさり味で、おいしかったですっ♪ フォーと卵料理は、注文してから女性のシェフがつくってくれ、フォーは毎朝食べました。我々は分相応に5つ☆でなく3つ☆のスタンダードホテルに宿泊しましたが、こぢんまりして、すぐにフロントやドアの人たちなどにも覚えてもらい、親切にされ、なかなかよかったですっ。

2003年08月24日

ちょこっと旅行記(7)

5f2f1411.JPG
料理 ベトナムの夜のおやつ、ホビロンですっ。アヒルの孵化寸前の卵。必ず、左の草(名称不明)と食べます。塩こしょうと、ライムをつけて。『美味しんぼ』には、ちょっとゲテモノ風に扱われていますが、成鳥も卵も食べるのだから、残酷とはいえないでしょう。鶏のモツ、という感じでした。明るいところでは、食べないらしいけど。 自動車 友だちが使っているハイヤーの運転手さんのいきつけの屋台で、1個1,800ドン(『地球の歩き方』では3,000ドンでした)。

ちょこっと旅行記(6)

67195b6f.JPG
料理 フェ料理。写真は、コム・セン。ほっくりしたハスの実(セン)が入ったご飯(コム)。ハスの葉でつくった容器に盛りつけ。フェは、ベトナム最後の王朝があった古都で、宮廷料理の面影。フェの建物群は世界遺産にも指定されている(日程の都合で行けなかった)。日本だと、ハスは大きな茎の部分(レンコン)くらいしか使わないが、細い茎をスープに入れたり、種や葉を使ったり、ハスはいろいろ使われていた。33,000ドン。

OK ハスの葉茶もおいしかった。

ちょこっと旅行記(5)

a8cac2aa.JPG
料理 フェ料理。写真は、バイン・ラー・チャー・トム。お気づきのように、バインは粉でつくったものです(バイン・セオとか)。これは、蒸した海老のすり身チャー・トムと水溶き米粉をバナナの葉で包んで蒸したバイン・ラー。43,000ドン。葉の上にあるのは、生にんにくと唐辛子の輪切り。バイン・ラーはけっこうにんにくがきいていました。おつまみにグーです(古い!)。

ちょこっと旅行記(4)

0fb4a75a.JPG
料理 ベトナム初日の晩は、現地で仕事をしている友だちが、フェ料理をご馳走してくれました。フェ料理は辛いのが特徴。辛いのは大好きですが、唐辛子は、異常に辛いので、よけて食べました。写真は、バイン・ベオ。小皿ごとに蒸した米粉生地に干しエビがトッピング。いくらでもいけちゃう、やみつきになりそうなおやつ。スプーンではがして、ヌックチャ(薄めたヌックマムに、砂糖、酢、ニンニクを混ぜ、唐辛子を浮かべたもの)をつけて、食べました。13,000ドン(100円ちょっと)。

ちょこっと旅行記(3)

f13d86cf.JPG
りんご おやつにはドリアンをどうぞ。「ちびまる子ちゃん」では、すごく臭いもののように描かれていましたが、カットされていたせいか、それほどまではなかったです。クリームみたいな感じで、美味しかった♪

みかん ベトナムは南国だけに、フルーツが豊富で安かった。ちなみに、ちょっと高めだけど、はずれがないという店で(ホーチミン在住の友だちが「私の高野」と呼んでいた)、写真の3倍の大きさ、全体の5分の1カットで、30,000ドン(250円くらい)でした。高野だと1個1万円は下らないから、カットだと10分の1以下の値段でしょう。

ちょこっと旅行記(2)

50a70065.JPG
ジョッキ 週末ですので、みなさま、ベトナムのビールでも飲みながらご覧くださいね(10,000ドン=約83円)。ノンアルコールは、ドラゴンフルーツのフレッシュジュースをご用意させていただきました(15,000ドン)。

クローバー 楽しい週末をおすごしくださいね♪

ちょこっと旅行記(1)

8fd0245a.JPG

笑顔 ちゃぶ丸保護者のMOMOです。8月24日から5泊6日で、初めてベトナムに行きました。ベトナムの話をちょこっと、私から。

カバン ベトナムは、美味しくて安くて楽しくてちょっと悲しかったです。

飛行機 翼のアリタリア航空という文字がペンキで消されたベトナムエアー機も、無事に運行。機上から見る火星も、きれいでした。

車 東京って、交通量が少ないな、というのが帰国しての印象です。ベトナムはバイクが多くて、交通ルールもあってないような。 信号 信号があっても、赤でも曲がるときはo.k.とかは中国と同じで、怖かったです。その信号はほとんどなく、やっと道路を渡れるようになったら、帰国でした(写真は、タクシーからみたバイク。1台に家族4人が乗っていたりする)。

落ち込み 失敗談は、たくさんあるので、個別に旅行のアドバイスはできますよ(笑)。

2003年07月15日

ロロちゃん!

33352004.JPG
笑い 思いがけずやってきたのが、ピンクの象のロロ。ロロちゃんは、6月6日の補聴器の日のマスコット。おねーちゃんが、イトイさんのイベントに応募したら、はずれて、なんと落選者の中から抽選で贈られるプレゼントだったんです。おねーちゃんは、残念賞があるなんて知らなかったので、びっくり。大喜びでしたっ。

2003年07月10日

ゆき!

022162cb.JPG
雪 今までの写真は、いつも頭しか写っていなかったゆきにーちゃん。マフラーと帽子のトータルコーディネートが決まっているんです♪

2003年07月09日

大きなスイカ

31ce6c19.JPG
笑顔 下の写真と重なってしまうのですが、ほとんど見えない子もいるので、あらためて。

ハート 左から。シュガーは結婚祝い。砂糖袋をもっているからです。プー、スヌーピー。旭川のスキー場&遊園地「サンタプレゼントパーク」で、クリスマスの缶に入っていたカンうめ吉なきうさぎズックン、学生時代のパパのセーター柄に帽子が似ているゆき。家では数少ない人形のふみねーちゃんは、おねーちゃんのおかーさんのプレゼントだったので、ひそかに名前をいただきましたっ。

2003年07月08日

コン、ポン、サン

c03d1a85.JPG
雪 北海道出身の、我が家のきたきつねの3兄弟をご紹介します。左から、一番上のコンポンサン

メモ コンにーちゃんは、コーンをもっているコーンギツネだから、ぽんちゃんは旭川を流れるポン川から、サンちゃんはパパのおかーさんが定山渓のお土産に下さったから、なのだそうですっ。

笑い ポンちゃんの方が年上なのに、サンちゃんの方が大きいのは、うちのパパとおにーさんの関係と同じですっ(笑)。

2003年07月07日

宝船ごっこ!

d45c2ff4.JPG

悲しい このBlogは、思いつき企画なので、きょうだいの写真が、なかなかみつからないんですっ。

笑い それで、とりあえず、ここからは一気に紹介いたしますっ♪ とってもわかりにくいのですが。

犬 うめ吉にーちゃんのとなりが、まーらいおん。キャラクターのピングー、くまのプーさん兄弟、「ウゴウゴ・ルーガ」のシュールくんは、わかっていただけますか? フランス生まれのシュールくんのとなりが、ティッシュ・ボックス犬のブラウニー。きつね3兄弟は、左から年上で、、こん、ぽん、さん。さんちゃんの右がなきうさぎ。ピンクの帽子が雪ゆき。ももねーちゃんの前がオルゴール・ベアのシュガー。その右に頭が見えるのが、みみずくのりりしい女の子ズックン。コアラのおかーさんはノラ、抱いているこどもたちはジョーサリー。。。ぜんぜんわからないので、もう一度写真探しますっ。(^_^;)

ラブ どうやら、写真が発見された模様ですっ♪

2003年07月06日

アントン、フラン、ジュディ、ローザ

cfb90a0a.JPG
グラス オーストアリアの「オリビア・ニュートン・ジョン」というワインを囲んで、右から、シベリアンハスキーのアントン、ベアのフラン、ジュディ、ローザですっ。

笑顔 フランちゃんはフランス出身だからフラン、ローザちゃんはローズ色だから、とパパが名付けました。2人は、アニエス・べーのプレゼントです(おねーちゃんは「おまけ」に弱い)。

2003年07月05日

ジュディ

67cfcb30.JPG
ハート めるちゃんのお宅(Mel&Friends)の切り番でいただいたかわいいベアに、おねーちゃんがジュディと名付けましたっ。そのころ、アニメ世界名作劇場「私のあしながおじさん」がBSで再放送されていて、子どもの頃「あしながおじさん」に夢中だったおねーちゃんは、またハマってしまっていたのでした。

赤ちゃん ジュディは孤児院育ちですが、明るく、どんなことも楽しんでしまう前向きな性格で、最後には幸せになります。そうなてほしいという願いを込めたそうですっ♪

テレビ アニメは原作とはかなり違いますが、泣かせるところもあり、また違った魅力があります。偶然見つけた、このアニメファンのサイトが、またすごいのでご紹介しますっ。

2003年07月04日

まよねーず

8dcb35d1.JPG
パソコン iMacのピクルスちゃんとお話ししているのは、まよねーずですっ。まよねーちゃんも、おねーちゃんのお友だちの出産祝いのはずだったのですが、僕とおなじく、我が家の子になりましたっ。

ヒヨコ うちでは、一番大きなぬいぐるみですっ。だから、なかなかおでかけできないんですっ。でも、パパが一度、旭川とか、安足間(あんたろま)のおばさんちに連れて行ってくれたんですっ。比布神社で初詣したんですっ♪

2003年07月03日

ももこ

a8738f7c.JPG
猫 長女のももこねーちゃんですっ。ももこねーちゃんは、うめ吉にーちゃんがスカウトされた翌月、パパの誕生日に、おねーちゃんからパパにプレゼントされました。「いたずら天使」というシリーズで、タイ生まれですっ。

ラブ パパはびっくり! 最初、パパが博品館で、スカウトしようと思ったのは、実は、ももこねーちゃんだったんですっ。縁があったんですね♪

2003年07月02日

うめ吉

a61ceda6.JPG
犬 長男のうめ吉にーちゃんですっ。うめ吉にーちゃんは、まだパパが大学生の頃、ホワイト・デーに、おねーちゃんにプレゼントしたんですっ! 銀座の博品館で、最初は、ねこのぬいぐるみをスカウトしようと思ったんだけど、たしか犬が好きって言っていた、と思い直したんです。
だから、うめ吉にーちゃんは、もう大学生くらいなんです。

犬 「オリエンタル・トーイ」の前身?創造教育センターのタグ「1983 CREATIVE EDUCATION CENTER CO.LTD」がついています。

2003年07月01日

続・いとこたち

a7e5b4f5.JPG
雪 エビスビールのすぐ横にいるこももちゃんは、右隣のももこねーちゃんと同じ「いたずら天使」なんですが、こんなに顔が違うんですね。

雪 がおちゃん(ラビラビちゃんの遠い親戚?)は、一度うちの子になりそうだったんですが、誘拐され損ないました。(^_^;)

いとこたち

cc6d2cbc.JPG
笑顔 「僕のきょうだい♪」って書いておきながら、いきなり「いとこたち」ですみません。みんなの写真、どこにあるのか、よくわからないので、パパが帰ってくるのを待つしかないみたいなんですっ。相変わらずパパは帰りが遅くて、もう終電はとっくに終わっているのに、まだ職場みたい・・・(>_<)

雪 写真は、北海道のパパのおにーさんちの子どもたち(いとこたち)です。